賃貸には無い新築物件のメリット

賃貸には無い新築物件のメリット

新築の賃貸物件を選んで、初期費用を節約しながら快適に暮らそう

賃貸物件の家賃は、築年数が少ないほど、高くなってしまうのが常識とされています。建築されてから数十年以上の物件より、新築の方が高いといった具合です。しかし、最近の賃貸物件事情には、こうした常識が当てはまらない場合もあります。同じ条件の賃貸物件の家賃が、わずか数千円だけ新築の方が高かったり、新築の方が安い場合もあるほどです。家賃が大して変わらないなら、新築物件を選ぶ方がメリットが大きいでしょう。外観やエントランス、廊下などは新築の方が状態が良く、設備に関しても、新築なら最新の設備を使って快適に暮らすことができます。家賃を安くしたいからといって、新築を最初から除外して物件探しをする必要はないのです。

新築物件なら、敷金や礼金などの初期費用が安い場合もあります。敷金や礼金などを安くすることで、入居率を高めて、安定した家賃収入を得たい新築物件のオーナーが多いのです。入居率を高めるためには、フリーレントにするオーナーもいます。フリーレントなら、入居後の一定期間、家賃が無料になります。新築物件は入居率を高めるために、入居者の初期費用を減らすことができるサービスを積極的に行っているので、初期費用が安くなるのです。

その他のオススメ記事

Copyright (C)2017賃貸には無い新築物件のメリット.All rights reserved.